ライム



70円
名前は有名な割にあまり売ってるのを見かけない柑橘
南米だとこれの搾り汁を使ったカルパッチョ様のセビチェという料理がありますね
香酸柑橘の中ではかなり甘めの香りがあるのが特徴
意外に醤油ともよく合うので、スダチやカボスの代用として使えます
種がなくて搾りやすいのもかなりプラス要素


ランブータン


これも写真が残ってないですが、東京で見かけて食べました
ライチ(レイシ)です。以上


リュウガン



500円
これもライチ(レイシ)と同じムクロジ科の果物です
漢方以外では初めて見ました。日本でも栽培してるんですね
味はライチというよりどことなくブドウっぽい印象を受けました
ただ香りの割に味が薄いという印象
全体的にライチよりかなり劣っているように感じます


リンゴ



100円
ジョナゴールドです
紅玉の系統らしく、比較的酸味があるタイプです
個人的にはあんまり好きではない品種



400円
夏明という、まだ暑い時期に採れる品種
時期外れの品種と侮っていたら甘みも強く、普通に美味かった



300円
陸奥という品種。赤一色で非常に見栄えが良いです
リンゴってシャリシャリ固めのやつと梨に近いジャクジャク感のやつがありますが、
個人的に前者の方が好きなんですよね
ジョナゴールドとこれは後者、夏明は前者でした
なので見た目は良いと思うけどそこまで好きでもない感じですね



400円
黄王という品種です
割と固めの食感で甘みと酸味のバランスも良い感じ、結構好み



130円
トキという品種
固めの食感で酸味のバランスも良い
なにより果汁がかなり多く、味も濃いので最高に美味い
今のところこれがベストです



100円
秋映という品種
食感はやや固め寄りで、適度な酸味もあって中々美味い



300円
世界一という品種。とにかくでかいのが特徴ですね
石細胞の主張する、シャクシャク系の品種なので味はあんまり好きではない


ルバーブ



ただのカルディで売ってるコンポートですが。そして果物じゃないけど
生のものも以前、東京で見かけたんですがタイミングが悪くてスルーしたんですよね
味はなんというかベリー系です。見た目とのギャップが酷い
元植物には結構なシュウ酸が入ってるらしいのであんまり自分で触りたくない気持ちもあります
シュウ酸はコンニャクイモがトラウマになってるので…


レイシ



2300円
なんと生の国産ライチです(流通してるのはほぼ輸入の冷凍品)
…めちゃくちゃ高いなこいつ…
正直、輸入物の方が甘いですね。これは結構酸味もある
ただ生だけあって食感がプルンプルンだし、果汁がかなり多い
まぁコスパ考えると冷凍もので良いなって感じだけどそれなりに満足
最近普通に500円とかで売ってるので完全に購入を先走った感ある


レモン



200円
国産レモンを見つけたので買ってみた
実際レモンの消費法って難しい
蜂蜜漬けも悪くないけど、意外と皮が苦いんですよね
結局レモネードが一番美味いというのが個人的な結論