オオバギボウシ



300円くらい
最近見かけるようになった山菜ですね
うるいという名前で売られますが、オオバギボウシという植物の若芽らしいです
なんとなくネギっぽい見た目の通り、白ネギ的な味がします
薬味的な刺激もなく、野菜として非常に食べやすく美味しいです
これももう少し安ければ定番メニューにしたいんだけど


オオブドウホオズキ



50円
食用品種のホオズキです
インカベリーという名で売っている果物扱いのやつは前に食べて苦手だった
これはどうやらサルサなどに使うものらしいですが、正直青臭くてダメだった
というか毒的な意味ですごく体に悪そうな味だった


オオムギ



糯種のオオムギです
よく雑穀飯用に売っていますね
糯種なので雑穀にありがちなパサパサ感がありません
プチプチして美味いやつです


オカノリ



200円
陸上に生える藻類。宮古島で購入
味や食感は完全に海藻のそれ
ただ、なんかアスファルト系の地面の臭いがする


オカヒジキ



150円
これは初めて見ました
味自体はほとんどなく、やや硬めの食感を楽しむものかと思います
ヒジキ要素はどこにあるんだろう…


オクラ



100円
味関係ないんだけど、オクラって名前が英語由来なのを知ったときは中々驚いた
結構世界的に食べられてる野菜なんですよね、こいつ
モロヘイヤとかもだけど、結構よその国でもネバネバ系野菜食べてる



100円
葉っぱでも粘るし同じような味なんだなぁという感じ
まぁ新芽だと炒め物とか料理の幅は増えそうではあります



150円
オクラの花も入手しました
ただ花系は大抵同様ですが傷むのが早すぎる
味や粘りも普通にオクラと同様ですが、ちょっと食感がもさっとして良くない感じ



100円
沖縄の島オクラです
通常と異なり、角がなくて断面が丸いですね
それ以上の違いはないかと思う



100円
赤いオクラもありました
まぁ予想通り茹でたら色は落ちるので、特に価値はない


オニグルミ



250円
北海道で購入
他の場所でもちまちま見かけましたが、大抵高い
パック詰めの輸入物と比べると、風味の良さは感じられる
問題は中身を出すのが死ぬほど手間だということ


オニヒカゲワラビ



150円
この地域で言うガンソクとはオニヒカゲワラビらしいです
味は…コゴミ(クサソテツ)よりもどことなく青臭いかな?
個人的にはコゴミの方が好きですね


オモダカ



350円
いわゆるクワイです。正式名じゃなかったんだな…
おせち以外で見かけたのは初めてな気がします
芽を折らずに皮剥くのが難しすぎる
里芋っぽい見た目の割に結構癖が強くてあまり好きではない
あく抜きの下茹でをもっと長くすればマシになるのかなぁ


オランダガラシ



100円
いわゆるクレソンです。最近はスーパーでも割と売ってますが、かなり高い
ピリッとした辛さがあって、まぁアブラナ系には割とよくある味の方向ですね
火を通すと特徴が薄まるので中々用途が狭いのが難点


オランダキジカクシ



100円
いわゆるアスパラガス
重量当たりでいうと意外と高いアイテム
正式和名で聞くと全くしっくりこないな…
筋が固いやつを引くと悲しいんだけど見分け方とかあるのかな



300円
ホワイトアスパラは日を当てない分柔らかいけど細いのが悩ましいな



300円
バーガンディという、紫色の品種
アスパラなので当然茹でるし、茹でたら色は抜けて味も違わない


オランダゼリ



ハーブ類では一番ポピュラーではないでしょうか
なんにでも合うけどぶっちゃけ必須でもないから悩ましい
レバノン料理屋で千切りキャベツのごとく山盛りのパセリ出されたのはトラウマ



100円
そのまま食べるのは辛いけど、ハンバーグとかに入れるのは普通に美味い


オランダナデシコ



400円
分かりやすく言うとカーネーション
はっきり言ってもしゃもしゃするだけで味はない
こんなもんに高い金出したのか俺は…


オリーブ



300円
乳酸発酵させてない、酸っぱくないタイプのやつです
これ、かなり美味くてバクバク食べれる
ただ油分が多いので腹が緩くなりがち



200円
小豆島で見つけたオリーブ茶
実ではなく葉が原料
若干甘い香りがするが、味はクスノキのような樹脂風味
普通に飲めるけど、特別美味くはない