フキ



150円くらい
だいたい水煮で売られることが多いですが、今回は生で発見
ほぼ写真用に買ったようなもんですが、正直あく抜きがめんどくさい
そんなに美味しいものでもないし、もう買わないだろうなぁ
そういえば昔、アンゼリカとかいう製菓用加工品あったけど最近全く見ないな…


フキノトウ



150円…え、まじ?この量150円?都会なら500円だぞ
正直そこまで好きじゃないんですが、なんとなく1シーズンに1回だけ買っちゃうんですよね
蕗味噌メインなんですが、今回量が多かったから消費が追い付かん…
子供舌なので苦いのもあんまり好きじゃないんですが、なぜ買ってしまうのか


フクロタケ



写真だと見づらいけど乗っかってます
カルディで缶詰売ってるんだけど、最寄りの店で扱ってないんだよなぁ
基本的にマッシュルームと同じ扱いで良いと思う



250円
遠くのカルディで缶詰を買ってきた
結局のところ、マッシュルームとそう違わない味


フダンソウ



100円ちょい
…え?マジで誰キミ?
完全に初見の野菜ですねぇこれは…
とりあえず味は青臭さを抜いたチンゲンサイといった感じで食べやすい
茎が太くて食べ辛いかと思いきや、筋などもなくシャキシャキで普通に美味い
間違いなく一般野菜になれるポテンシャルがあるんだけど、なんで売られてないんだろう
…と思ったら直売コーナーではかなり見かけるようになってますね



100円
このカラフルなタイプはスイスチャードと呼ばれることの方が多いですね
味は相変わらず癖もなく食べやすい便利野菜


ブナシメジ



60円
なんか最近、通常色より白いやつの方が頻度増えてる気がするな
いわゆるホンシメジとは別種なのはもはや有名
個人的には特に好きでも嫌いでもない味。市販キノコの中では結構下の方



70円
ノーマルカラーの方のブナシメジ
実際のところ味の違いなんてほぼないのでどっちでもいいと思う


ブラッシカ・ラパ



100円
コウサイタイ。まったく知らねぇ。どうやら中国野菜のようです
味は若干の青臭さがありますが、苦みなどはなく食べやすいです
赤い色は加熱すると消えて緑になりますが、周りの食材は容赦なく青紫に染まります



100円
小松菜ですね。カブや白菜と同種だと中々信じられない
私は基本的にホウレンソウと同じ使い方してますが、なんか面白い使い方ないかな…



60円
白菜です。安いんだけど結構用途に困る野菜。でかいんだよ…
余ったら漬物にするんですが、意外とオリーブオイルが合うなぁという最近の分かり



100円くらい
山東菜という名前で流通する、結球しないタイプの白菜です
通常白菜と比べてサイズ感が手ごろで、かつ結球しない分使いやすい
重量当たりだと割高になりますがもうちょっと広まってくれると嬉しい



100円
チンゲン菜ですね。これも同種
なんかイメージとしてどうしても中華系の味付けにしてしまう枠
こういう葉の根元が太いタイプの野菜ってお浸しとかにし辛いからなぁ…



70円
水菜もこれらと同種にあたります
なんか最近海外でも人気が出始めてるという話も聞いたことがある
茹でて白だしに漬けておくのがマイベスト



200円
赤カブです。ノーマルなカブも載せてないことに今気づいた
基本的に大根に近い扱いをすることが多い
割と甘いイメージでしたが、今回のは大根の先端部くらいには辛かった



150円
アスパラ菜という名称で販売されていたもの
アスパラガスとは関係なく、サイシンとコウサイタイの交配種
味は結構辛みがあります。高菜より辛いな…



100円
というわけで普通のカブ
個人的には漬物にするのが一番好き
千枚漬け食べたいけど九州で売ってねぇ



120円
紅法師という、赤い品種の水菜
加熱したら色は抜けるので、生食しない限り違いは特にない



90円
タアサイという中国由来の野菜
やたらでかいのが悩ましいけど味は特に癖もなく食べやすい
というか特徴のない葉物野菜という感じで、山東菜に近い



280円
カラフルなカブです
左2つは一般的なやつとして、3つ目は黄金かぶっぽい
4つ目は上だけ赤いのであやめ雪かぶかミラノカブのどっちかかな?
5つ目は赤カブですね
やっぱりというかなんというか色が違うだけだなぁ
まとめて漬物にしたら赤カブに浸食された。まぁ当然か…



250円
しゃくし菜とか雪白体菜と呼ばれるものらしいです
辛子味噌で漬物になっていたので、正直味は分からなかった



130円
京野菜である壬生菜です。ミズナに近い変種
ミズナと比べると葉が大きく柔らかい
茎の部分はそんなに違わない印象



150円
レタサイという小型の白菜品種
それ以上の特徴はなさそう