ナガイモ



120円
よく山芋と呼ばれるけど、自然薯や大和芋のようなヤマノイモとは別種
圧倒的に粘りが弱いので伸ばさなくてもとろろで食べれるのはメリットでもあるか
でもまぁなんか物足りないのでやっぱり大和芋が欲しい


ナス



170円
ナスって品種はいくつかあるけど形が違うだけで味は変わらないイメージ
焼きナスが好きなんだけど出来立てじゃないとイマイチだし、作り置き勢には難しい



130円
いわゆる米ナスですね。丸っこいやつ
味は別に違わないので特にコメントはない



120円
熊本赤ナスという品種です。宮崎の佐土原ナスとほぼ同じものらしい
通常のナスより水気が多いのか、焼きナスにするとやけにジューシーでした
この特徴自体は少し好みが分かれそうですね



200円
白ナスという品種です。白くはないけど
果肉が非常に柔らかいのが特徴なんですが、一方で皮はむしろ固い
食感のミスマッチというか、皮が口に残るのがどうも良くない印象
味はそんなに違うものではない


ナタマメ



200円
ナタマメと言えば未熟な莢が福神漬けに入ってるくらいの印象しかないですね
今回のは完熟なので豆の方を使いますが、どうやら毒があるようです
まぁ大豆含め豆類の大半は有毒ですけどね
水にさらしてちょっと茹でこぼしてから使いましょう
味は…個人的に嫌いなタイプの風味ですね。青臭いし茹でても固くて味が染みない
そもそも私、豆は結構嫌いなものが多いです。ソラマメとかグリンピースとかダメ


ナメコ



130円
最近はこういう株の状態で売られてるやつが多い気がしますね
乾いてるときはヌメヌメしてないですが、なんかペタペタします
味噌汁好きだけど、ブナシメジやエリンギに比べるとあんまり見かけない


ニガウリ



100円
正直好きではないんだけど、とりあえず写真用に買ってきた
塩揉みと茹でこぼしで苦みは大体とれるんだけど、そこまでして食べる意味あるのかと
レクチン(毒)とか含むらしいけど、あんまり調理法に注意ついてるの見たことないな



80円
純白苦瓜という品種ですね。真っ白である
通常のニガウリと比べて肉厚ですが、味はそんなに違わないかな…


ニホンカボチャ



400円
黒皮カボチャという、宮崎で生産されている種です
一般流通している栗カボチャ系のセイヨウカボチャと比べると、
繊維質でシャキシャキした食感をしています
なので煮物よりは炒め物向きの種ですね



60円
最近栽培が増えているバターナッツかぼちゃです
通常のカボチャよりねっとり濃厚、という触れ込みですがよく分からん
実は一般流通するセイヨウカボチャとは違い、ニホンカボチャに属します
ただ味的には黒皮カボチャよりはエビスカボチャに近い印象


ニラ



40円
安いので割と買うんだけど、大体ニラ玉になるのでバリエーションが増えない
結構臭いが強いので弁当に使いづらいのも難点ではある
まぁほとんど気にせず使ってるわけだが


ニンジン



90円
人参ってあんまり品種の違いを聞かないなぁ、とふと思った
金時人参くらい?あとなんか黄色い人参もあったっけか
ちなみに朝鮮人参(オタネニンジン)は名前が似てるだけで結構遠い種



200円
いわゆる葉にんじんというものです。現実は単に間引きされただけ
普段意識しないですがニンジンってセリ科なんですよね
なのでそれほど強くはないですが、葉はある程度の癖があります
どちらかと言うと結構固くて食感がよくないなと言う印象



200円
黄色や紫の人参です。ちなみに紫のやつ、芯は黄色です
色が付いてるだけで味には特に影響ないですね
葉物野菜と比べると紫色は残りやすいですね


ニンニク



100円
にんにくの芽ですね、生だとあんまり見かけない印象
見た目の割に繊維感がなくてかみ切りやすいのは良い
ただ結局にんにくなので結構臭いのが難点。弁当に使いづらい



500円
生のニンニクではなく黒ニンニクです
黒ニンニクが品種ではなく加工品なのは割と最近知った
なんか甘いですが、正直ニンニクに求めてる味じゃないので、普通のやつで良い


ネギ



130円
東は白ネギで西は青ネギと言われますが九州は白の方が多いですねぇ
白ネギって土かぶせる分手間かかりそうだけどどうなんだろう
薬味としても優秀だけど焼きネギとかでそのまま食べるのも結構好き



100円
やはり薬味として使うなら青ネギの方が馴染みがあっていい
味噌汁に大量に浮かべると最高ですね