ササゲ



150円
やたら長いインゲンみたいなやつですね
完熟した豆は小豆の代わりに赤飯に使われることが多いです
今回は未熟な莢なので、基本的にインゲンと同じ用途
ただインゲンと比べると若干苦みがあるかな…


サツマイモ



200円強
焼き芋用として人気の高い安納芋です
でも実際、ネットリ系の食感が強いだけで味はそんなに変わらない気がしてる
たぶんこの食感を生かすには焼き芋よりスイートポテトの方がいいと思うんだ



200円
具体的な品種は知らないけど紫芋です
基本的にこっちの方が甘みを強く感じて個人的には好き
芋は加熱しても色落ちしないので見た目的にも良いですね



250円
黄金千貫という品種
主に九州で芋焼酎の材料にされているものです
皮が白っぽい以外、特徴はないかな…



60円
サツマイモのつるです
見た目に反して茹でるとデロデロになり、粘りが強い
味はほぼないので、積極的に食べたいものでもない


サトイモ



150円
サトイモにはいわゆる赤芽と白芽がありますが、これは白芽
品種的にはたぶん土垂でしょうか
粘りが強くてまとまりやすいので、つなぎにいい奴ですね
小さくて皮剥くのが面倒なのが難点だな



京イモという名前で売られてましたが京野菜ではなく宮崎野菜なタケノコイモ
でかいのでポテトサラダとか作ると結構美味かったです
…と思ったけど久しぶりに買ったら不味かった…当たり外れがあるのか?



100円
石川早生という品種になります
正直、普通の里芋という感じで土垂との違いは分からない



100円
ずいきや芋がらと呼ばれる、サトイモの茎です
ちなみにこれはタケノコイモの茎らしいです
アクが強く酢水であく抜きするので、基本的に酸味が付きます
結構粘りが強く、調理の方向性が難しいものの決して不味いものではないです
あとは若干手がかゆくなるので調理の際は注意が必要
…ところでハスイモの茎は性具として使われるってマジ…?



170円
赤芽大吉という品種です
芽の部分が赤い以外、味とかは特に違わないですね



130円
ヤツガシラです。東京で発見、名前は知ってたけど初見なので即購入
ぼこぼこした形状で皮を剥くのがが面倒
味は普通に里芋なので特にコメントもない



350円
タイモという、暑い地域で作られる品種です。奄美で購入
名前の通り水田で栽培されるらしい
結構粘り気が強い印象ですが、味はそう違わないです



100円
沖縄で見つけたタイモのパイです
どうやら普通に餡の材料として使われているようですね
粘りと里芋味は感じますが、意外と違和感がない



300円
京北子宝芋という最近作られた京野菜
初めて見ましたが、まぁ普通に里芋ですね
これは1つ1つ分離してますが、元々の形状は割とトライポフォビア殺すマンです


サフラン



400円
めしべを乾燥させたもので、世界一高い香辛料とか言われますね
実際、グラム単価でみればキャビアといい勝負かちょっと高いくらい
ほぼ着色料扱いですが、結構癖のある香りもつくので個人的にはあまり好きではない


サンショウ



実の皮だけをすりつぶしたものらしいですね
好きなんだけど普通に高いのが難点



130円
いわゆる木の芽で、サンショウの若芽です
あくまで香り用の食材であり、家庭料理で使うものでもないなぁという印象
店売りの出汁巻きとかに乗ってるのは良い感じなんだけど