ササゲ



150円
やたら長いインゲンみたいなやつですね
完熟した豆は小豆の代わりに赤飯に使われることが多いです
今回は未熟な莢なので、基本的にインゲンと同じ用途
ただインゲンと比べると若干苦みがあるかな…


サツマイモ



200円強
焼き芋用として人気の高い安納芋です
でも実際、ネットリ系の食感が強いだけで味はそんなに変わらない気がしてる
たぶんこの食感を生かすには焼き芋よりスイートポテトの方がいいと思うんだ



200円
具体的な品種は知らないけど紫芋です
基本的にこっちの方が甘みを強く感じて個人的には好き
芋は加熱しても色落ちしないので見た目的にも良いですね


サトイモ



150円
サトイモにはいわゆる赤芽と白芽がありますが、これは白芽
品種的にはたぶん土垂でしょうか
粘りが強くてまとまりやすいので、つなぎにいい奴ですね
小さくて皮剥くのが面倒なのが難点だな



京イモという名前で売られてましたが京野菜ではなく宮崎野菜なタケノコイモ
でかいのでポテトサラダとか作ると結構美味かったです
…と思ったけど久しぶりに買ったら不味かった…当たり外れがあるのか?



100円
石川早生という品種になります
正直、普通の里芋という感じで土垂との違いは分からない



100円
ずいきや芋がらと呼ばれる、サトイモの茎です
ちなみにこれはタケノコイモの茎らしいです
アクが強く酢水であく抜きするので、基本的に酸味が付きます
結構粘りが強く、調理の方向性が難しいものの決して不味いものではないです
あとは若干手がかゆくなるので調理の際は注意が必要
…ところでハスイモの茎は性具として使われるってマジ…?



170円
赤芽大吉という品種です
芽の部分が赤い以外、味とかは特に違わないですね



130円
ヤツガシラです。東京で発見、名前は知ってたけど初見なので即購入
ぼこぼこした形状で皮を剥くのがが面倒
味は普通に里芋なので特にコメントもない



350円
タイモという、暑い地域で作られる品種です。奄美で購入
名前の通り水田で栽培されるらしい
結構粘り気が強い印象ですが、味はそう違わないです


サフラン



400円
めしべを乾燥させたもので、世界一高い香辛料とか言われますね
実際、グラム単価でみればキャビアといい勝負かちょっと高いくらい
ほぼ着色料扱いですが、結構癖のある香りもつくので個人的にはあまり好きではない


サンショウ



実の皮だけをすりつぶしたものらしいですね
好きなんだけど普通に高いのが難点



130円
いわゆる木の芽で、サンショウの若芽です
あくまで香り用の食材であり、家庭料理で使うものでもないなぁという印象
店売りの出汁巻きとかに乗ってるのは良い感じなんだけど


シイタケ



100円
もはや言うまでもないくらいな最メジャーキノコじゃないだろうか
栽培キットなんかも普通に売ってるけど、あれって元取れるのかな


シカクマメ



150円
愛知では結構売ってたけど、九州では初めて見かけました
味はインゲンに近いですが、ポリポリした食感が特徴的
地下茎も食べられるらしいけど、そっちは見たことないな…


シソ



50円
いわゆる大葉ですね。漬物に突っ込むのが安定
赤紫蘇もよく見かけるんだけど大体量が多いので買ったことがない
基本的に薬味類って大量に買っても使い方に困るんですよね
最近はシソもチューブ入りが出てるのでそっちで良い気がしてる


シナニッケイ



シナモンは種も多いけど大体はこれ
色々試したけど、菓子類以外で正解が見つからない


シマアザミ



300円
奄美で購入したもの
葉脈の太い主脈部分のみを水煮にしてあるようです
味も食感も完全にツワブキです


シマツナソ



100円
モロヘイヤのことです。モロヘイヤってアラビア語らしいですよ
アラビア語由来ということで分かる通り、中東でよく食べられています
ミキサーにかけてスープ状にすることが多いですね
茎は固いのでイマイチ歩留まりがよくないのが悩ましい


ジャガイモ



130円
メジャーな野菜って品種も多いですが、ある程度インパクトないと書きづらい
これはアンデスレッドという品種ですね。どう見てもサツマイモな色合い
あ、味は普通にダンシャクなので終わり
味で言うならインカのめざめの方がよっぽどサツマイモなのでうまく掛け合わせてくれ



100円
あえて普通の男爵イモ
結局これが一番使いやすいんですよねぇ
適当に茹でて潰して冷凍しとくと小腹がすいたときに便利感ある



120円
これもかなりメジャーな品種、メークインですね
男爵より若干固いけどそんなに気にするほどの差ではないように感じる
どちらかというと表面が滑らかで皮剥きやすいのがメリット



250円
ノーザンルビーという品種
紫色のじゃがいもです
サツマイモとかもそうですが、芋系は加熱しても色落ちし辛いのが良い



200円
インカのめざめという品種
小粒で甘みが強いのが特徴とされています
というか完全にジャガイモの味ではないですね
どちらかというとサツマイモに近い味



100円
キタアカリという品種
男爵との違いがよく分からんなぁ



130円
これはレッドムーンという品種
見た目はアンデスレッドと大差ないですが、味はメークイン寄りかな?


シュンギク



150円
キク科も結構独特な香りがあって苦手だと食べづらい
鍋の印象が強いせいか、茹でていると無性にポン酢をかけたくなる
実際それ以外の良い食べ方がいまいちわからない


ジュンサイ



500円
高級なお吸い物にたまに入っているやつです
基本的にプルンツルンした食感を楽しむものであって、特に味はない
池とかにたまに生えてますが、割と保護対象になっているので採取はやめた方がいい


ショウガ



100円
基本的にチューブ入りを使ってるけど、たまに買ってくる
やっぱり刻んだやつの方が香りが強くていい感じに仕上がる
余った分は佃煮にしても美味しい


ショウズク



180円
どことなくショウガに近い香りのスパイス
そこまで主張が強くなく、日本食にも結構合わせやすい
本体自体は澱粉っぽいモシャっとした食感で微妙


ショクヨウガヤツリ



600円
タイガーナッツという名前で流通しています
これをすりつぶしたスペインの飲み物(名前忘れた)は飲んだことがあります
その時はライスミルクみたいな味だなぁという印象でした
ナッツとはいうものの木の実ではなく塊茎らしいです
なので味も食感もどことなく芋っぽいですね
正直モサモサしてあまり美味しくない


スイゼンジナ



120円
各所でたまに見かけますが流通は多くない印象です
葉の表が緑で裏が紫という独特なデザインの野菜ですね
こういうアントシアニンたっぷり野菜は色々食べてきましたが、
特に葉や茎はどれも独特な風味があってあんまり好きじゃないなという感じ


スギナ



100円
いわゆるツクシですね
初めて買ったけどかなり脆いな…
味も特に特徴はないし、もういいかな


ステビア



300円
最近、高甘味度甘味料としてよく利用されているやつです
これ自体がすごく甘いわけではなく、「甘い物質を含んでいる」だけ
そのまま齧ってもあー甘いなーくらいのものです
試しにシロップにして舐めましたが、甘さボチボチで青臭く微妙
自分で買ってどうこうするもんじゃないなーという印象


セイヨウカボチャ



100円
エビスカボチャという、一番ポピュラーなタイプのカボチャです
流通してるカボチャは大体セイヨウカボチャにあたるものですね
ニホンカボチャ、たまに見かけるけど買うタイミングが中々ない



500円
宿儺カボチャという岐阜の野菜です
…馬鹿みたいにでかいですね…
セイヨウカボチャとしてはホクホク感が弱く、繊維質が多い印象です
サイズも相まってどうも使いづらさを感じます



90円
コリンキーという、最近割と直売所で見かける品種
カボチャとしては珍しく、生で食べるのが基本という変わり種です
味は…野菜瓜に近いですね
なんというか生食という特徴を得るためにカボチャとしての価値を失っている気が


セイヨウカラシナ



150円
アーサイとも呼ばれる、タカナの新芽らしいです。タカナはカラシナの変種
九州だとタカナはよく売ってるんですが、なにせ白菜サイズなので一人暮らしじゃ買いづらい
これは手ごろなサイズ感でいい感じです
味は…これもブロッコリー感が強いな…
と思ったら巻き込んだ新芽の中心部がかなり辛くていい感じ
これで漬物にするのも結構ありなんじゃないか



100円
マスタードに入ってる種を発芽させたやつですね
先っぽについたままの種は結構辛いですが、芽の方はそうでもない感じ
まぁスプラウト系って大体どれもこんな味だからコメントは特にない



わさび菜というもの。大分だったか宮崎だったかで購入
カラシナの変種らしいので要は高菜みたいなもんですね
わさびみたいな辛みがあると聞いたので齧ってみましたが水菜程度の辛みです
正直期待外れですが水菜として使えば別に問題はないですね



150円
ノーマルなタカナ
珍しく小玉で売ってたので購入
漬物をごま油で炒めるのは一般的だけど、そのまま炒めても当然うまい



100円
のらぼう菜というらしい、初見の野菜
どうやら関東メインらしいですね。今回買ったのは高知ですが
見た目通り、普通の青菜という感じです



120円
からし水菜というものらしいです。水菜(ブラッシカ・ラパ)ではない
生でもそんなに辛みはなく、良くも悪くも普通に使えそうな野菜です


セロリ



100円ちょい
基本的にマイナー野菜の癖に、なんか最近取り扱いが増えてきてるやつ
マジで?パクチー並みに流行りが理解できないわ
セリ科な以上、香りがめちゃくちゃ強くて自己主張が激しすぎる
前に食べたフィノッキオもそうだったけど、セリ科は基本的に煮込むと食べやすくなります
というか主張が強すぎるので、他の食材と合わせるなら煮るしかない気がする


セリ



200円
春の七草がゆ以外であんまり見かけないですが、東北だとせり鍋なんて主役を張ったりする
セリ科は総じて香りが強いですが、こいつは和食に合うタイプの香りなので使いやすい
味噌汁に浮かべるといい感じなので、鍋も美味いんだろうけどそんな大量に手に入らない


センソウ



250円
中国だとセンソウを使ったゼリーがよく売られているらしい
これはカルディで買った仙草ゼリーの素で作ったもの
青臭い苦味といかにも薬膳な臭いがありますが、割とうまい
牛乳かけると意外とよく合うし食べやすくなるのでお勧め


ゼンマイ



130円
今回もそうだけど水煮ばかりで生を見たことがない
水煮だとイマイチ味がわからないんだよな…


ソテツ



650円
奄美で作られる蘇鉄味噌です
ソテツは有毒なので基本的に食べられません
これはうまいこと処理して澱粉のみにし、味噌の原料にしたもの
奄美では店を2,3軒回れば売ってるくらいの頻度でした
あくまで副原料、かつ澱粉しか使っていないので味はわからないです


ソバ



900円
日本三大秘境の1つ、徳島の祖谷そばです
ソバの実も割と売ってるけど、結構臭くて苦手なんだよな…


ソラマメ



150円
個人的にメジャーな食材の中では1,2を争うくらい嫌いです
でもまぁ旬なので年1くらいは買ってみてベストな調理法を検討する
今のところコロッケがベストかなと。ファラフェルとかあるしね