セイヨウカボチャ



100円
エビスカボチャという、一番ポピュラーなタイプのカボチャです
流通してるカボチャは大体セイヨウカボチャにあたるものですね
ニホンカボチャ、たまに見かけるけど買うタイミングが中々ない



500円
宿儺カボチャという岐阜の野菜です
…馬鹿みたいにでかいですね…
セイヨウカボチャとしてはホクホク感が弱く、繊維質が多い印象です
サイズも相まってどうも使いづらさを感じます



90円
コリンキーという、最近割と直売所で見かける品種
カボチャとしては珍しく、生で食べるのが基本という変わり種です
味は…野菜瓜に近いですね
なんというか生食という特徴を得るためにカボチャとしての価値を失っている気が



150円
ロロンという品種
形が特徴的な以外、味は普通の栗カボチャ系ですね



100円
伯爵カボチャという宮城の品種。まぁ大分で買ったけど
普通のいわゆる栗カボチャの味
皮が白いけど、まぁ使わないしなぁ


セイヨウカラシナ



150円
アーサイとも呼ばれる、タカナの新芽らしいです。タカナはカラシナの変種
九州だとタカナはよく売ってるんですが、なにせ白菜サイズなので一人暮らしじゃ買いづらい
これは手ごろなサイズ感でいい感じです
味は…これもブロッコリー感が強いな…
と思ったら巻き込んだ新芽の中心部がかなり辛くていい感じ
これで漬物にするのも結構ありなんじゃないか



100円
マスタードに入ってる種を発芽させたやつですね
先っぽについたままの種は結構辛いですが、芽の方はそうでもない感じ
まぁスプラウト系って大体どれもこんな味だからコメントは特にない



わさび菜というもの。大分だったか宮崎だったかで購入
カラシナの変種らしいので要は高菜みたいなもんですね
わさびみたいな辛みがあると聞いたので齧ってみましたが水菜程度の辛みです
正直期待外れですが水菜として使えば別に問題はないですね



150円
ノーマルなタカナ
珍しく小玉で売ってたので購入
漬物をごま油で炒めるのは一般的だけど、そのまま炒めても当然うまい



100円
のらぼう菜というらしい、初見の野菜
どうやら関東メインらしいですね。今回買ったのは高知ですが
見た目通り、普通の青菜という感じです



120円
からし水菜というものらしいです。水菜(ブラッシカ・ラパ)ではない
生でもそんなに辛みはなく、良くも悪くも普通に使えそうな野菜です



100円
かつお菜という品種らしい
普通にタカナの味で、少しピリッとする



100円
マンバという、香川の品種
これも普通にタカナ味で、少しピリッとする


セイヨウワサビ



いわゆるホースラディッシュとか山ワサビとかいうもの
安いチューブワサビの主原料ですね
北海道で栽培されているようです
冷凍品もあったんですが、1kgは流石に使い道が…
ワサビと比べて鼻にくる刺激が強い一方で風味は弱い
こういうソース類とかに加工した方が向いているのは確か


セロリ



100円ちょい
基本的にマイナー野菜の癖に、なんか最近取り扱いが増えてきてるやつ
マジで?パクチー並みに流行りが理解できないわ
セリ科な以上、香りがめちゃくちゃ強くて自己主張が激しすぎる
前に食べたフィノッキオもそうだったけど、セリ科は基本的に煮込むと食べやすくなります
というか主張が強すぎるので、他の食材と合わせるなら煮るしかない気がする


セリ



200円
春の七草がゆ以外であんまり見かけないですが、東北だとせり鍋なんて主役を張ったりする
セリ科は総じて香りが強いですが、こいつは和食に合うタイプの香りなので使いやすい
味噌汁に浮かべるといい感じなので、鍋も美味いんだろうけどそんな大量に手に入らない


センソウ



250円
中国だとセンソウを使ったゼリーがよく売られているらしい
これはカルディで買った仙草ゼリーの素で作ったもの
青臭い苦味といかにも薬膳な臭いがありますが、割とうまい
牛乳かけると意外とよく合うし食べやすくなるのでお勧め


ゼンマイ



130円
今回もそうだけど水煮ばかりで生を見たことがない
水煮だとイマイチ味がわからないんだよな…